2013年に山田進太郎さんが、株式会社コウゾウ(現・株式会社メルカリ)を設立しました。

株式会社メルカリは、他にも地域コミュニティアプリアッテ、本・CD・DVD専用のフリマアプリカウル、ブランド品専門のメルカリ メゾンズなどのサービスを運営しています。

それでは、メルカリの特徴をお伝えしますね♪

着なくなった服や小物、本などを売ってみることができます。

これで、お小遣いが稼げますよ。^0^

お金のやりとりはメルカリが仲介します。

商品が届いてから出品者に振り込まれるので安心です。^0-

購入した商品の代金の支払い方法は、クレジットカードやポイント、あるいは売上金から、というように、いろいろ選べます。^-^

出品するのは、もちろん無料でできます!

その他、会員登録料や月会費やカード手数料は、一切かかりません。^@^

メルカリは、スマホカメラからすぐに出品できる独自システムのアプリで、売る方にとっても、買う方にとっても、大きなメリットがあるアプリだと思います。

誰もが、このようなフリマアプリを待ち望んでいたのではありませんか?

本当に便利ですよね。

メルカリは、商品の回転数がフリマの中では群を抜く早さで、ダウンロード数が4000万以上という日本で一番有名なアプリです。

また、メルカリのユーザー数は、出品されている商品数に負けない程の人数です。

ですので、24時間以内に半数は売れます。(^0^)

アプリをダウンロードして商品を眺めていると、どんどんアップされているのが分かります。

凄いですネ!!

なぜどんどんアップされていくのかといえば、メルカリに出品するのがホント!に簡単だからなんですね。^-^

それでは、出品方法を説明しますね♪

3ステップの最短3分で、あっという間の完了ですよ。(^o-)
(1)商品の写真を撮る。
(2)商品のタイトルや詳しい情報を入力する。
(3)配送方法と価格を入力してUP。

メルカリには、ファッションから雑貨、家電、本や漫画に至るまで、幅広いジャンルの商品が揃っています。

今はもう店頭に置いていない掘り出し物も、見つかるかもしれませんよ。(^o^)

メルカリでは、出品手数料や登録手数料は全く必要ありません。

けれど、出品したものが売れると、そこに10%の手数料が発生します。

例えば5,000円の品物が売れた場合、その内の10%の500円が手数料になり、残りの4,500円が売上金として出品者に届きます。

コストパフォーマンスを重視しながら、手数料を見越して価格設定をすることをおススメします。^o^

取引が成立した時に、らくらくメルカリ便を選べば、お互いに匿名での配送なので、余計な心配は要りませんよ。(^-^)

出品者と購入者との取引の仲介には、メルカリ事務局が入ってくれるので、安心・安全に取引ができますよ♪

手軽に物が売れるなんて、ホント!ラッキーですよね。

また、質問があればいつでも事務局が受け付けしてくれるのも嬉しいです。^^

しかも、取引が成立した際には、やることリストに何をしたらいいのかがアップされるので、とても親切です。

らくらくメルカリ便では、ヤマト運輸のネコポス、宅急便コンパクト、宅急便の3種類のうち、商品サイズでどのサービスを利用するのかが決まります。

二次元コードを使っての配送で、宛名ナシなのに配送状況の確認までできてしまいます♪

A4〜160サイズのものの配送料金は全国一律です。

商品に不具合が起きてしまった場合には、全額保証が付いています。

これは本当に安心できますね!(^o^)

あなたもメルカリを利用して“スマートライフ”を楽しんでみませんか♪